メインコンテンツへスキップ

freeeとの連携について

クラウド型の会計ソフトfreee(フリー)と STORES 決済 の連携がおこなえます。
連携を設定することにより、STORES 決済端末 を利用した決済の売上額はfreeeに自動計上され、面倒な売上の集計作業が自動化されます。

※STORES レジ をご利用の場合は、STORES レジWeb管理画面 から freee連携が可能です。連携することで現金での売上を計上できます。詳細は 【STORESレジ】freee会計との連携はできますか?よりご確認ください。

※連携可能な他社サービスにつきましては、 パートナー紹介ページでご確認いただき、登録・設定等は各社窓口へお問い合せください。
※freeeについての問い合わせは  freee ヘルプセンターを参照ください。freee連携はオプション機能です。予告なしに仕様変更する場合がございます。


目次


連携される取引

下記決済における「売上」「返金」「加盟店手数料」が連携されます。

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済(交通系ICカード)(2022年09月20日以降より)
  • QRコード決済(WeChat Pay)(2022年09月20日以降より)
  • 請求書決済(2023年03月28日以降より)
  • QUICPay(2023年11月13日以降より)
  • iD(2024年06月10日以降より)

※「入金履歴」「振込手数料」については連携されません。

 

freee連携手順

事前にfreeeのアカウント作成が必要です。

※既にアカウントをお持ちの場合はそちらをご利用ください。

  1. Web管理画面の[オプション]から[freeeの設定]をクリック
  2. 「連携する」をクリック
    (自動的にfreeeのログインページへ移動します。)
  3. freeeのアカウントでログイン
  4. アプリ連携する事業所を選択し、アクセス権を許可する
    ※複数の事業所がある場合は登録中の STORES 決済アカウント と該当するものを選択してください。 (※自動的に STORES 決済 の管理画面ページへ戻ります。)
  5. 選択した事業所が表示されていることを確認し、「口座を設定」をクリックして口座連携に進む
    1. 登録済みの口座を選択する
      「既存の口座から選択」を選び、連携したい口座を選択して「保存」を押す
    2. 新しく口座を登録する
      「新しく口座を作成」に登録したい口座名を入力して「保存」を押す
      ※2023年10月24日以降の連携より、freeeに登録済みの口座からも選択できるようになりました。
  6. 5.の設定が完了すると「自動で経理」に連携されるようになります。

※freeeに取り込めるのは連携設定後の取引のみであり、過去のデータは取り込むことができません。
※freeeの1アカウントに対して、複数の STORES 決済アカウント を連携することができます。
※freeeとの連携はオーナーアカウントからのみ行えます。

 

連携後の操作

連携が完了すると、freee会計へ反映された口座に、STORES 決済で決済した取引が取り込まれます。
取り込まれた取引の確認と操作については、下記リンクをご参照ください。

freee ヘルプセンター:銀行などの明細から帳簿付けを行う(自動で経理)

また、売上の入金履歴・振込手数料は連携されません。
入金履歴を登録されたい場合は、下記リンクをご参照ください。

freee ヘルプセンター:資金の移動を登録する(口座振替)

 

連携の解除手順

STORES 決済 の管理画面で「連携を解除」をクリックすると全ての設定を解除できます。
※連携した口座名はfreeeに残りますので、freeeの画面上で削除が必要です。

連携において不具合が生じる場合、お手数ではございますが STORES 決済 サポート までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

お問い合わせ

この記事は役に立ちましたか?

問題が解決しない場合は 問い合わせフォーム よりご連絡ください