メインコンテンツへスキップ

[STORES 請求書決済] 利用注意事項及び禁止事項について

STORES 請求書決済 は、金額を入れて宛先を指定するだけで誰でも請求書をつくることができます。
実際にご利用いただく際は以下の注意点を必ずご確認くださいますようお願いいたします。

STORES 請求書決済 は、店舗が操作をおこなう STORES 決済 での対面カード決済とは異なり、店舗が請求書を作成し、それをお客さまに送り、お客さま自身がカード番号を入力し決済するサービスです。

※こちらの注意事項は STORES 決済 利用規約に基づき作成しております。


目次


STORES 請求書決済 請求書の管理

STORES 請求書決済 での請求書の作成・送信および、各決済の支払い状況は、全て加盟店にて管理いただくサービスです。
そのため加盟店のお客様へ向けた、STORES 請求書決済 での支払いに関する特約等はご用意しておりません。
よって、決済ページを受け取ったお客さまがお支払いに応じない場合に、STORES 決済(STORES 株式会社)が支払いの催促や請求を実行することはできません。


禁止事項の確認

STORES 請求書決済 においても、支払いから商品(サービス)提供までに日数が発生する前払い/事前決済は取り扱い禁止となっております。

お客様のカード情報を取得して勝手に決済を完了する行為、またカード情報を加盟店が独自に保持していることが発覚した場合、直ちにアカウントを停止いたします。


不正な取引を防ぐために

STORES 請求書決済 は、STORES 決済 のように対面でカードの暗証番号やサインを確認しないサービスのため、 盗難カード情報が使用される可能性など、ご利用シーンによって不正利用リスクがあります。

また、通信販売サービスとしてセキュリテイ設計はされておりません。利用憶えなし等の売上取り消し申請等が入った場合に、資料による販売証明できない場合は売上取り消しとなります。

各利用シーンごとに注意事項等を理解の上、不正利用リスク対策をしてご利用ください。

商品(サービス)を店頭で提供し、STORES 請求書決済 で請求する場合(後払い)

加盟店とお客さまとの信用取引になりますので、商品販売時の伝票起票、身分証の確認などをお勧めします。 

高額な取引の場合は、お客さまの連絡先(電話番号)に予め所在・通話確認を実施するに加え、支払い期日を過ぎても支払がなかった場合の連絡方法や、請求書の再送信、他の請求手段について予めお約束をしておく対応をお勧めします。

STORES 請求書決済 で決済完了後に商品(サービス)を店頭で提供する場合(当日提供先払い)

お客さまに支払いに使用したカードと身分証の提示をお願いし、管理画面にて使用されたカードブランドと番号の下 4 桁が、提示いただいたカードと一致しているか、カード裏面のサインと身分証のお名前が一致しているかなどの照会対応をお勧めします。

STORES 請求書決済 で決済完了後に、商品を当日直送(訪問サービス)する場合(当日出荷先払い)

直送または訪問サービスをする場合は、対面時にお客さまに支払いに使用したカードと身分証の提示をお願いし、管理画面にて使用されたカードブランドと番号の下 4 桁が、提示いただいたカードと一致しているか、カード裏面のサインと身分証のお名前が一致しているかなどの照会対応をお勧めします。

配送業者を利用する場合、配送先情報は不正な取引のリスクが高い私書箱の指定や、荷物転送サービスは利用できないことを予めお客様に提示し、ご利用されたお客さまのカード情報と同じ住所を指定いただくようご案内いただくことをお勧めします。
また、加盟店が  STORES 請求書決済 で決済されるお客様へ向けて特定商取引に基づく表記を明記し、また利用規約やキャンセルポリシー、お届け予定についての情報を、支払い前にお客様が確認できる仕組みを作るなどの対応を行ってください。

※通信販売では、ホームページ等に特定商取引に基づく表記が義務付けられています。詳しくは、特定商取引法の規制対象となる「通信販売」をご確認ください。

---不正利用の事例 ---

(特に海外の)お客様への商品販売で請求書にて決済し商品発送後に、チャージバック(利用憶えなし申請)が成立し売上取消となるといったが被害が発生しています。

チャージバック(利用憶えなし申請)された場合、加盟店様側でカード名義人と完全に一致するという証明ができない限り、加盟店様に信用販売の責任があるため、売上の取消が成立します。

配送利用をする場合、カード名義人のアクションが第三者でも可能な入力だけであることを認識の上、利用する際は、信用販売が確実に成立する顧客のみにご利用ください。


「ホテル・旅館・温泉等宿泊施設」業種での利用

宿泊予約時の決済で STORES 請求書決済 の利用は事前決済にあたるためご利用になれません。

連絡なしでのキャンセルおよびキャンセルチャージに関しては、決済に使用したクレジットカードの発行会社へお客様が異議を申し立てる権利があり、クレジットカード発行会社にてその異議申し立てが認められることがあります。

その場合、STORES 株式会社はその決定に従い該当の決済の取り消し・返金に応じ、STORES 決済 加盟店様はそのチャージバックに対する返金義務を負うことになります。


決済後60日以降のキャンセルについて
決済日より60日以降にキャンセルが発生した場合、STORES 決済 で決済の取り消し・返金を実行いただくことはできません。 銀行送金等を利用され払戻しをおこなってください。

この記事は役に立ちましたか?

問題が解決しない場合は 問い合わせフォーム よりご連絡ください